「和紙」ユネスコ無形文化遺産登録へ

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録勧告されることが28日明らかになった「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」。

過去の事前審査で登録勧告された提案が覆されたケースはなく、ユネスコの政府間委員会が11月下旬にも登録を正式決定する見込みだ。

勧告された「手漉和紙技術」は、「細川紙(ほそかわし)」(埼玉県小川町・東秩父村)、「本美濃紙(ほんみのし)」(岐阜県美濃市)、「石州半紙(せきしゅうばんし)」(島根県浜田市)の3紙の技術で構成。原料に「楮(こうぞ)」の樹皮のみを用いる伝統的な製法により、丈夫で風化しにくいなどの特色がある。

このうち石州半紙は、平成21年に無形文化遺産に登録されているが、政府は25年3月、本美濃紙と細川紙を加えた「和紙」の技術として登録し直すよう、拡張提案していた。

すでに登録されている無形文化遺産に、類似の文化を加えるなどした拡張提案を日本が行ったのは今回が初めて。

日本の無形文化遺産は、昨年登録の「和食 日本人の伝統的な食文化」のほか、「能楽」「歌舞伎」「京都祇園祭の山鉾行事」など22件ある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です