伝統的修復技術を取り巻く環境 其の1

【伝統的修復技術を取り巻く環境】

絵画・彫刻・書跡など日本古来の文化財の修復には、伝統的な技術と同時に、伝統的な修復の材料となる紙や絹や裂や糊、材木や漆・膠(にかわ)など画不可欠です。

同時にいたんだ表面の修復や劣化した部分の材質今日かなどに伝統技術だけで対応出来ない場合もあり、新しい技術・材料の開発画必要となって来ます。

其のために「修復」おいう概念の、だんだんに「伝統的なもの」カラ、21世紀の新しい概念・理念へと変化が求められるものとおもわれます 。

今日、文化財保存や修復技術を専門とする学科を設置した大学が増えており、この会場にも多くの若い学生の方がおられます。中には文化財修復技術が今後ますます発展して行く可能性はあるとしても、伝統的な修復を地理膜環境は、ある意味で危機的な助教に置かれており、必ずしも楽観できるのばかりではありません。

これは平成14年の論文で、現在(2013年)も環境としては改善の兆しは感じられないというのが現状です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参考文献 文化財の保存と修復

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です