東京国立博物館におけるインターン制度 其の五

東博のインターンシップ制度とは別に、平成20年から特定非営利活動法人文化財保存支援機構(NPO-JCP)が主催し、東博が共済する形で「文化財保存修復専門家養成実践セミナー」を実施している。その目的は、文化財の修理理念に対する意識と倫理観の向上、そして実践力について、高度な能力を持つ専門家を育成するために、基礎能力の格段の向上を目指す実践セミナーと位置つけている。会場は東博小講堂、展示室や修理室、その他の博物館、修理施設を利用している。文化財保存修復家養成実践セミナーのカリキュラムは以下の用になる。

1 調査診断法(15時間)・・・・無機分析、有機分析、無機分析

2 環境保全概論(18時間)・・・温湿度、空気汚染、光放射

3 基礎修理設計(36時間)・・・東洋絵画、油彩画、染織、考古など

4 基礎材料論(12時間)・・・・紙、布、金属、接着剤、染料、顔料

5 特講(21時間)・・・・・・・文化財保護法、国際協力など

6 見学(12時間)・・・・・・・他館の施設など

博物館施設を利用下専門家向けの実践セミナーは、インターンシップ同様に作品の取扱は行われない。しかし、文化財保存の現場で実際に活動する現役の専門家による講義を網羅的に行い、勝講義の場所を博物館の展示室や修理室を利用することに寄って、研修生に臨場感を持つことができるように配慮されている。
参考文献 文化財の保存と修理より

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です